ブログ | 東進ハイスクール 登戸校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 - Part 5 東進ハイスクール登戸校|神奈川県

ブログ 

2021年 9月 6日 受験で一番辛かったこと~櫻井編~

 

 

こんにちは!

 

担任助手一年の櫻井です。

 

とうとう九月にはいりましたね…

九月に入って急に肌寒い日が続いていて

」!!といった感じですね。

 

私はとても嬉しいです^^

 

 

 

そして今日のテーマは

「受験で一番辛かったこと」

です。

 

 

私が辛くなっていったのは

ちょうどこの時期です…(笑)

 

単元ジャンル演習も始まり

東進でやることも増え、受験も迫ってきて、

更に推薦で大学が決まっていく

友達も周りに増えてきて

自分の受験は大丈夫なのか

という不安がどんどん募ってました。

 

 

しかし、

そんな中でも勉強は

やらなくてはいけません。

 

なので私は

勉強時間を誰よりも確保してやる!!

という事を意識して日々過ごしていました(笑)

 

この時期になると勿論

勉強の質

も大切ですが

いかに限られた時間の中で

人よりも勉強時間を

確保出来るか

という事も

意識していくべきと思います。

 

 

私は平日は

絶対に学校の授業が終わった後

学校で一番に学校を出て

閉館時間まで居座って、

休日は開館時間から

閉館時間までいる

というは絶対にしていました。

 

 

あと辛くなった時は

担任助手の方々にたくさん相談に

のってもらっていました(笑)

 

 

受験を実際に最近に体験している

先輩である担任助手のアドバイスは

誰よりもタメになっていました。

 

皆さんも

勉強法だけでなく、

学校生活の相談など

何でも担任助手に気軽に相談して下さい!

 

過去問や単ジャルなど

新しいコンテンツも

増えて行っていると思うので、

どのように工夫してやっていたか

を聞いてみるのも

良いかもしれませんね!

 

 

口に出すだけで楽になることも

多くあります!

 

 

やることも増えてきて、

焦りが募っていく時期では

ありますが、

毎日登校や受講、マスターや単語帳など

基礎・基本も怠らないように

頑張っていきましょう!!

 

 

季節の変わり目ですが

体調も崩さないように

気を付けていきましょう!

 

 

 

2021年 9月 5日 受験で一番辛かったこと~増澤編~

こんにちは!

担任助手1年の増澤です。

 

さて、

夏の模試も終わり、

受験が近くなってきたことを

意識している人が

増えてきたのではないでしょうか?

 

今回は

前回に引き続き

「受験で一番辛かったこと」

について

お話したいと思います!

 

私の受験期のブランクは

約1年前、

9月後半

でした。

 

9月というと

進学先が決まる人が

出始める時期です。

 

私は

指定校推薦を出したのですが、

校内選考に落ちて

人生の終わりを

感じていました(笑)

 

先の見えない

未来への不安を抱えて

余計なことばかり

考えてしまう

2週間を過ごしました、、

 

しかし、

渡辺勝彦先生の授業で

「今できる最大限の努力をすべき」

という言葉を

聞いて

目が覚めました

 

受験を意識することは

非常に大切ですが、

未来ばかりを考えるのではなく、

今できることを

着実に行っていくことが

一番の近道だと

思います!

 

また、それだけではなく

夏休みまでに

自分ができる最大限の努力を

継続できたという経験も

自信になりました

 

正しい方向でなされた努力は

裏切らないので

みなさんも

第一志望校に向けて

全力で努力しましょう!

 

 

2021年 9月 4日 受験で一番辛かったこと~吉良編~

皆さんこんにちは!

担任助手一年の

吉良です

 

9月になりましたね

 

志望校対策演習が

本格的に始まると

受験が近づいた事を

実感してくるのでは

ないでしょうか?

 

そろそろ精神的に

辛いことがあったり

壁を感じることが

あるかもしれません

 

僕が受験生だった時

なによりもつらかったのは

数学の伸び悩みでした

 

そもそも僕は文系で

国語と社会がメインになる

と世間一般に思われがちですが

僕の場合一番配点が重いのは

数学でした

 

苦手得意聞かれれば

数学は苦手でしたし

好きか嫌いかで言っても

嫌いでした

 

嫌いで苦手な教科は

正直勉強したくもない

勉強しなければ

結果は良くならない

 

言ってしまえば

負のループです

 

結果的に模試で

いい結果は出ません

 

冠模試で

1割も取れなかった

そんなときもありました

 

模試で失敗したとき

もう嫌だと挑戦をあきらめたり

自分のことが嫌になって

何も手につかなくなったり

する人も多いと思います

 

それは最終的に

勉強がさらにできなくなる

ループを作ってしまう

僕はただでさえ

負のループがあるのに

そこにさらなる負を

積み重ねるわけには

いきませんでした

 

過去の失敗は

気にしても仕方ないし

嫌いから逃げれば

上達はしません

 

ミスした問題が多いこと

表面的に見れば

悪いことですが

裏を返せば

「弱点を多く発見した」

ってことじゃないですか

 

悪かった結果に

嘆いたって

なにも変わらないなら

見つけた弱点を

補いましょうよ

っていう思考に結びつくと

心も楽なうえに

勉強も進むのでは

と、個人的に思ってます

 

実は僕

基本この考え方だから本気で辛いと思ったこと

ないんです

 

要するに

暗い出来事も

いかにポジティブに

受け止めて前に進めるか

 

心構えとしてはこれが

一番必要なんじゃないかと

僕は思います

 

能天気になればいい

というわけではないですよ

でも、辛いときはあえて

屁理屈ぶら下げて

自分に都合よく

物事を受け止めるのも

 

僕はありだと思います

 

 

 

 

 

 

2021年 9月 3日 受験で一番辛かったこと

 

こんにちは!

もう9月だなんて驚きですね。

 

そろそろ

進路の決まってくる人が

出てくる時期でもありますね。

去年の今頃を思い出してみると

目に見える形で結果が出てくることで

どうしても焦りを感じたり、

悔しさを感じて

いまいち集中できていなかった

ように感じます。

 

皆頑張っている

ことはわかっているからこそ

努力が報われるのは

羨ましいですよね。

 

自分が東進に通っている間、

遊んでいる同級生のことを考えると

どうしても

落ち込んでしまいました。

 

私がその状況から脱出できたのは

近くで頑張っている人

が合格した時でした。

素直に喜ぶこともできたし、

自分も合格の報告をしたい、

結果が出るまで

落ちてないから落ち込まない

と決めてもう一度

受験勉強に向き合うことが出来ました。

 

ここから本番まで

長くもあり短くもあると思いますが

結果が出るまで

自分が合格することを信じて

勉強し続けてほしいな

と思います。

 

 

2021年 9月 2日 9月になりました②

こんにちは、須崎です。

皆さん夏休みはどうでしたか?

高3生はおそらく、

ずっと勉強していたかと思います。

お疲れさまでした。

高1,高2生は普段学校が

あるひとも夏休み中は勉強時間が

作れたのではないでしょうか。

勉強を頑張れた人は

引き続き頑張っていきましょう!

「継続は力なり

ですよ。

 

そして、

頑張り切れなかった人は、

今からでもできることは

たくさんあります。

時間を無駄にせず、

最後まで全力で頑張りましょう!