緊張した時の対処法~田中編~ | 東進ハイスクール 登戸校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 11月 27日 緊張した時の対処法~田中編~

こんにちは、担任助手4年の田中です。

大学生活も残り約4カ月となり、4月から社会人になります。謎の危機感を覚え、料理モチベが上がっています🔥

最近は、パスタを作ることにはまっていて、昼はしょっちゅうパスタを食べています。

結構おいしいです👍

受験も近くなってきましたね、僕の受験直前期の楽しみは運動することか食べることが生きがいだったのをよく覚えています。(笑)

受験生の皆さんも、時には何か贅沢をしてリラックスしてみてはいかがでしょうか??

 

さて、本日のテーマは

緊張した時の対処法~田中編~

です!!

シリーズものになっているので、ぜひ過去の投稿も見てみて下さい!

 

緊張の対処法についてですが、まず前提として、

緊張するのは良くない印象をお持ちの方が多いかもしれませんが、

実はある程度の緊張をしている状態は

人間の最大限のパフォーマンスを発揮しやすい状態

と言われています!!

実は、緊張することはいいことなのです!!

緊張と反対の状態がリラックスしている状態。

このリラックスしている状態の極限は、人間が寝ているときになります。受験本番やここ一番の勝負を、寝起きや眠い状態では迎える人はいないですよね??

これが緊張することが良いことである理由であると思います。

しかし、極度に緊張してしまうと頭が真っ白になったり、手が震えたりと本来の実力を最大限発揮しづらくなってしまいます。

そこでお勧めしたい対処法が、

緊張している自分を客観視することです!

入試直前の緊張する心理としては、

「ちゃんと解けるかな。。」

「受からなかったらどうしよう。。」

「どんな問題が出るんだろう、てか周りの人は頭良さそうだな。。」

という風に、結果に対する不安が募り、それ以外のことを考えられなくなってしまう状態であると思います。

そんな時に、緊張している自分を見れるようになると、心に余裕が生まれます。

具体的には、鏡で自分を見つめてみたり、ケータイで自撮りをしてみるのがおすすめです。(少しナルシストっぽいですが(笑))

「あ、自分緊張してるな~」くらいのテンションで見れると、どんどん不安になっていく気持ちを抑えることが出来ます。

一旦立ち止まって心を入れ替えれれば、もう一度気持ちを引き締めて試験に取り組みましょう。

緊張した時、是非やってみて下さい。

 

それでは~☆彡