受験期によく聞いてた音楽~鹿島編~ | 東進ハイスクール 登戸校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 7月 12日 受験期によく聞いてた音楽~鹿島編~

 

こんにちは!

鹿島です。

最近ダーツにハマっています。

ダーツは単純のようで奥が深いんですよ。思った通りに行くと気持ちいいし達成感があります。今まで野球やゴルフ、テニスとやってきましたがダーツっていうスポーツはその中で一番瞬間的な集中力が必要だし、一番丁寧さが必要なスポーツだと思います。20点が高得点なのですが1mmずれるだけで1点になり1/20になってしまうんですよ。フォームが少しでもずれたり、手先が少しでもずれたら最高得点が最低得点になります。いやー面白いスポーツですね。上手くいくために何度も反復練習してやるという部分では勉強と一緒ですね。何をやるのも練習が大事。

ということで今日のお題は

受験期によく聞いていた音楽について話していきます。

受験期によく聞いていた音楽はありません。

というのも同じ音楽聞くと勉強中に頭に残ってしまって集中できなかったです。現に最後の大学受験が早稲田の教育学部だったのですが前日にもういっかとおもって鬼リピしたら案の定テスト中にメロディーが出てきて全然集中できませんでした。(笑)

じゃあ何を聞いていたかというと邦楽は頭に残りやすいのでよくわからん海外のアーティストのよく分からん曲を聞いたり、波の音・森の風の音とかを聞いていました。今考えると変ですね。1年くらい話題の歌は知りませんでした。パプリカって何?日向坂って何?って感じでした。

何も参考にならないですね。

ちなみに大学受験よりも中学受験の時の方が頑張ったなーと自分では思うんですけど中学受験のときはFUNKY MONKEY BABY’Sの「悲しみなんて笑い飛ばせ」を聞いていました。誰と競っているんだよ。一番のライバルは目の前の鏡にうつってるだろ?さあ悲しみなんて笑い飛ばせ!という歌詞が響いていました。

皆さんもそれぞれ好きなアーティスト好きな曲があると思うので緊張しているときとか不安な時に聞いて元気出してください!