ラストメッセージ〜佐藤編〜 | 東進ハイスクール 登戸校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール登戸校|神奈川県

ブログ

2021年 3月 10日 ラストメッセージ〜佐藤編〜

担任助手4年佐藤です。

本日が私からの

最後のブログとなります。

 

私は自分自身の受験

そして担任助手として4回

計5回大学受験を経験しました。

 

そして数多くの生徒の受験生活を

サポートさせて頂きました。

 

そのような私が僭越ながら

多くの生徒を見てきた事で

現在感じている

大学受験において大切な事を

今回の最後のブログにて

記したいと思います。

 

受験勉強・受験生活に

正解というものはあるでしょうか?

 

きっと正解に近いものは存在しても

誰もが「これをやれば必ず合格できる」

といったものは

存在しないと思います。

 

東進には

東進の合格スケジュールというものが

存在しますが

そのルートは

過去の東進生がそれを信じて実行し

見事多くの合格という結果を

掴み取ってきたからこそ

成功に最も近いルートとなっています。

 

他にも受験生の夏休みは

15時間勉強をする事が

必要だと言われています。

 

それは合格した生徒の多くが

夏休みにそれだけの時間を

費やしてきたからという

根拠によって推奨しています。

 

しかし、それだけの勉強時間に

満たない生徒でも

第一志望校に合格している

生徒がいる事もまた事実です。

 

また受験期間はSNSを全て辞めて

娯楽などの時間を絶つ人がいたり

そのような事に

時間を費やしても合格する人はいます。

 

睡眠時間なども同じです。

毎朝5時半に起床する人もいれば

休みの日は昼まで寝ている人もいます。

 

 

何が言いたいかというと

合格している生徒は

自分が決めた選択を信じて

行動しているという事です。

 

それはいわば

自分の決めた選択を正解にする

という意志があるという事です。

 

受験生活は

選択を迫られる事の連続です。

 

私たち担任助手は

自らの受験生活の経験や

様々なデータから基づいて

選択肢を提供しますが

 

その時、どういう選択をするかは

結局全て自分自身です。

 

だからこそ

今後どういう選択をしようと

 

その選択を信じて実行する事が

最も大事なことだと思います。

 

それらの選択が合格という結果によって

正解となります。

 

どんな選択をしようと

自分の選択を正解にする

という意志を持って

今後の受験生活を

送ってもらえたらと思います。

 

応援しています。

 

 

2月22日より

登戸校が開校しました!

登戸校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!